サイアートパーソナルカラー診断

メイクをしてるのにしてないように見られる

今回のお客様は、切実なお悩みです。ですが、このようなお悩みを持つ方は多いですね。

メイクをしてるのにスッピンに見られてしまうのは?

お悩み
自分ではメイクをしっかりしたつもりでもまわり周りからは「メイクしてる?」といつも聞かれるのが悩みの種でした…時間が立つとくすんでメイクしていないみたいに見られてしまいます。

せっかくメイクしたら、少しメイク映えしたいですよね。メイクしてるの?と聞かれてしまうのは、悲しいですね。

もともとそんなにしっかりメイクはお好きではないとのこと。でも、ナチュラルメイクしてるようには見られたいのは当然です。

事前カウンセリング

好きな色 ベージュ 白 黒

嫌いな色
似合わなくなった色が赤やブルーの原色系の色

得意な色は
無難な黒、白、ベージュ

受講動機

50歳の節目にレッスンを受け、少しでも自分を変えられたらと思います。

この動機を聞いてしまうと、何とかして差し上げたいという思いが特に強くなってしまいます。

変わりたいという時には、人は絶対変わることができますからね。

診断内容 診断結果

診断 サイアートパーソナルカラー診断&メイクレッスン

診断結果としては、

ソフトサマーでも深みのあるお色がお得意で、明度が高いのも暗過ぎるのも苦手でした。

彩度が低い弱すぎるのも得意ではない。

色相 ニュートラル

得意な色 中明度

彩度 中彩度から高彩度

 

 

 

 

 

 

 

ファンデーションにおいては、そんなに青みが強い肌でもないので、ピンク系だともちろん浮く。

かと言って、黄色みの強いオークル系ファンデーションだと、時間が立つと気ぐすみするかと思います。

今回はディオールのファンデーションを付けさせていただきました。

 

メイク感が出る1つの理由

そして、1番感動されたのは、目元のようです。

もともとアイメイクは、苦手でしっかりされていなかったみたいですが、

その日の夜の感想をいただいた時には、目元のアイメイクが取れてなかったです!と。

使用させていただいた、コンシーラーやアイカラーベースなどをもう一度教えてくださいとの連絡がありました。

(アイメイクはしっかり残っているようなので、普段よりもお化粧感が残っているような気がします。アイメイクって大切なんですね!)

先生がアイメイク前に瞼に塗ってくださったコンシーラーならメーカーを教えていただけますか?コンシーラーを塗った方がアイメイクの持ちもいいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SUQQUのラディアントコンシーラーN-01を瞼に塗ると、まず瞼のくすみがとれてアイシャドウの発色が良くなります。

この場合、コンシーラーはどちらかというとピンクっぽいので、イエローベースの方だと後でくすむ可能性もあります。

コンシーラー1つとっても、色選びはとても大事です。

 

 

 

 

 

 

 

アイシャドウの色落ちを防いで、長持ちさせるためには、もっと必須なのがアイカラーベースです。

アイカラーベースだけでも良い方と、くすみカバーのために、コンシーラーをつけた方がさらに持続するなど、人に寄っておすすめアイテムやお色は全く違ってきますよ。

今回はアイシャドウベースを兼ねた

コスメデコルテのアイグロウジェム BE387を目元にオンしたので、簡単に垢抜けメイクの目元にチェンジ!

最後に診断結果を終えて

メイク感が出ないというのは、人によって要因が異なります。

  • ファンデーションが合っていなくてくすみ、塗っていないみたいになる。
  • アイメイクをしていない、又はとれてしまうとメイク感が出ない。
  • 眉メイクをしっかり整えると、ナチュラルにメイク感はでます。
  • チークやライライトなどで、血色や艶感、立体感を出すと素敵な垢抜けメイクに。

たくさん要因はありますが、1つ1つ解消していきましょう。

 

お客様感想

今日は本当にありがとうございました。

とても充実した内容で、あっという間の4時間でした。

これからは敬遠していたカラーやメイクに積極的に挑戦し、これまでとは違った自分を楽しんでいきます。

先生のようにキラキラと輝くいていられるような、そんな50代を過ごせたらいいな、と思っています。

また何か機会がありましたときには、是非よろしくお願いいたします

今日は本当にありがとうございました。😊

 

 

素敵な感想をありがとうございました。そして、キラキラキラと思っていただけて光栄に思います。これからの人生を素敵な大人の女性として楽しんでくださいね。

 

 

Follow me!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。