パーソナルメイク

眉毛が半分はえてない人のレッスン

先日は以前パーソナルカラー診断にお越しくさった方のアフターフォローメイクレッスンです。診断を受けられるまでは、アイカラーもブラウン一色だったそう。

診断の後、ご自身に似合うコスメを楽しく収集

ほんとにカラフルで、素敵です。
見事にほぼブルベウィンターさんが使いこなすと素敵な目元に。
ディオール トムフォード シャネルは間違いなしです。色選び間違わなければ!デバコスお好きですよね〜
4パターンほどのアイカラーで、いろんなアイメイクを伝授!

ともあれ苦手だという眉メイクレッスン

今日はとても時間をたっぷりとってのレッスンです。
希望として感覚で教えて欲しいーー

その言ってること、私はとてもわかるんです。
自分の苦手なこと、例えばパソコンや電化製品の使い方なんか、わからないくせに
説明書見たくないんです!

運動不足だから、ストレッチなどの動画を見ても言葉で説明されてもよくわからない!
それと同じかぁーー

では、まず感覚で軽く眉を片方描いていきました。

ポイントとして

その人の骨格に沿って眉毛をアイブロウペンシルで一本ずつ描いていく。

そのためには両方のバランスを見極めますが

綺麗に整っている方に合わせます!

②後から今のトレンドの直線眉とその方の顔のイメージに合わせて修正していく。

③似合うパウダーアイブロウや眉マスカラをつける

これ、簡単に言ってしまいましたが、最初のこの方の眉毛のお悩みでもありました。

わからないこと!眉毛のお悩み

①どうやってペンを持つか?

②何処に手を固定して描くか?

③角度はどう言う向きで動かしていったら良いのか?

④眉頭をどうやったら良いのか?

⑤自分の骨格って?

⑥眉が半分細眉

ここからわからない人はわからないのです。

美容部員の時から、眉ペンシルの持ち方や手の固定場所などをアドバイスしていましたから、想定内ではあります。
自分の骨格ってどうなってるか?

手のひらがフェイスラインに固定されていると、ぶれずに描きやすくなります。

ペンシルの角度も眉毛と垂直になっていると描きにくいです。
これは全く映えていないところを、リキッドアイブロウを使って書き足しているところ。
これもね、リキッド何回も何回も同じところをなぞっていると、逆に消えないように注意してくださいね!

アラフォーやアラフィフになると、もう自眉がどんどんなくなっていきます。
いかに自然に眉があるように見せていくのが難しいと思いますが、リキッドアイブロウやペンシル、パウダーを使って作りこんでいきます。

最終とても綺麗に描けたんですが、この後お持ちのコスメを使ってのアイメイク。

少し眉毛取れかけちゃいましたが

ビフォー撮ってない!!!

色の使い方でいろんなメイクが楽しめますよう〜って、私も楽しんでました。

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。